アプリオンは、世界のアプリランキングや口コミから、おすすめアプリをまとめている人気アプリ探しサイトです。

有機化学 基本の反応機構 Organic Chemistry [iPhone]

YOSHITAKA MATSUSHIMAが配信するiPhoneアプリ「有機化学 基本の反応機構 Organic Chemistry」の評価や口コミやランキング推移情報です。このアプリには「高校の化学を楽しむ」「高校の勉強を楽しむ」「中学・高校の勉強を学べる」「学校・学生生活・進学」「ライフイベント」などのジャンルで分類しています。APPLIONでは「有機化学 基本の反応機構 Organic Chemistry」の他にもあなたにおすすめのアプリのレビューやみんなの評価や世界ランキングなどから探すことができます。

  • 入賞・受賞歴 月間教育部門最高ランキング 20位を獲得!(3/28)
  • 入賞・受賞歴 月間アプリ部門総合最高ランキング 85位を獲得!(4/4)
有機化学 基本の反応機構 Organic Chemistryのおすすめ画像1
有機化学 基本の反応機構 Organic Chemistryのおすすめ画像2
有機化学 基本の反応機構 Organic Chemistryのおすすめ画像3
有機化学 基本の反応機構 Organic Chemistryのおすすめ画像4
<
>

大学の基礎化学までしっかり学べる、有機化学学習アプリ

「有機化学 基本の反応機構 Organic Chemistry」は、大学の基礎化学までしっかり学べる、有機化学学習アプリです。

高校の化学を楽しむ 高校の勉強を楽しむ 中学・高校の勉強を学べる 学校・学生生活・進学 ライフイベント

このアプリの話題とニュース

  • APPLIONにて話題沸騰の人気アプリとして紹介しました。(2/26)


  • 新バージョン1.3が配信開始。新機能や改善アップデートがされています。(7/5)


  • 2016年11月17日(木)にiPhoneとiPad両対応のユニバーサルアプリとしてリリース!


このレビュアーのおすすめコメント

自分は普段は教科書で勉強しているのですが、ふとわかんないものがあった時に有機化学の単語帳のような感覚でこのアプリを利用させていただいてます。
英語モードにすぐ切り替えられるのも英語で化学的な表現を学べて論文や英訳教科書を読むにあたって便利だなと思いました。
大学1、2年で学ぶ有機化学用とはありますが3.4年の方にも復習が簡単にできるという意味でおすすめです。
自分は普段は教科書で勉強してい... - ★★★★★
すばらしい!
まるで大学の有機化学の講義を受けているようです。
大学の有機化学は電子の移動による結合の組み換えを理解することにあると先生は言います。
それを、このアプリは目の前に再現してくれます。
電子の移動が動画でよくわかります。
講義とは違い、一時停止も再生も思いのままです。
音声がないのが残念ですが、いつでも、どこでも、自分のペースで勉強できます。
有機化学が好きになれます。
すばらしい - ★★★★★
レビュー

大学の講義をそのまま持ち歩けるようなアプリだと思います。動画で見られるので反応機構がわかりやすく、早送りや巻き戻しができるので繰り返し学習に向いていると思います。説明も丁寧でわかりやすいですが、文字が小さめなので画面の大きな端末で使用すると尚良いと思います。
復習に使ってます - ★★★★★

最新更新情報

version1.3が、2019年7月5日(金)にリリース

好きな音楽を聴きながらアプリを使用できるように修正しました!

使い方や遊び方

有機化学の基本反応について、巻矢印を使った反応機構を理解し、自分で描けるようになるための学習用アプリ。それが『Organic Chemistry Reaction Mechanism 有機化学 基本の反応機構』です!本アプリには電子の流れを表す「巻矢印」を用いて反応機構を詳しく説明した動画が106個も含まれており、大学の1〜2年時の有機化学の基礎知識の習得に役立ちます。一度ダウンロードすれば、WiFiの環境のないところで使用できるので、スキマ時間の勉強にもピッタリのアプリです!高校の有機化学を学習した後、大学の有機化学の入門としても最適です。本アプリは、動画の途中でも言語切り替えが可能で、英語で有機化学を学習することができること大きな特徴の一つです。
(私を有機化学の世界に導いて頂いた恩師森謙治先生に感謝いたします。)



◎ 全動画の内容(動画の総数 106)
1.有機化学における矢印の意味と書き方
2.有機化学反応の基礎的事項について
3.共鳴
4.アルカンのハロゲン化(ラジカル反応)
4.反応機構:連鎖反応
5.アルケンの反応:求電子付加反応 5−1.ハロゲン化水素の付加
5−1.反応機構
5−2.カルボカチオンの安定性
5−3.補足:転位反応
5−4.水の付加(水和)
5−4.反応機構
5−5.オキシ水銀化反応
5−6.水ホウ素化(ヒドロホウ素化)反応
5−6.反応機構
5−7.ハロゲン(臭素)の付加
5−8.過酸との反応: エポキシ化 5−9.四酸化オスミウムとの反応:ジヒドロキシ化
5−10.オゾンとの反応:オゾン酸化(分解)
5−11.水素の付加:接触水素化(接触還元)
6.アルキンの反応:求電子付加反応 6−1.ハロゲン化水素の付加
6−2.水の付加
6−3.ハロゲンの付加 6−4.水素の付加
6−5.補足:Birch還元
7.求電子芳香族置換反応 7−1.ニトロ化
7−1.(つづき)反応機構−1
7−1.(つづき)反応機構−2
7−2.ブロム化(クロル化)
7−2.(つづき)反応機構
7−3.スルホン化:スルホン化は可逆反応
7−3.(つづき)反応機構
7−4.Friedel-Crafts 反応 7−4.(A) Friedel-Crafts のアルキル化
7−4.(A)(つづき)反応機構
7−4.(A) 構造の違うハロゲン化アルキルから同じ生成物が得られる!?
7−4.(B) Friedel-Crafts のアシル化
7−4.(B)(つづき)反応機構−1
7−4.(B)(つづき)反応機構−2
7−5.求電子芳香族置換反応のまとめ
7−6.ベンゼン誘導体の求電子芳香族置換反応 7−6−1.反応性の違い
7−6−2.選択性の違い(配向性)
7−7.配向性の理論 7−7−1.トルエン: o,p-配向性
7−7−2.フェノール: o,p-配向性
7−7−3.ニトロベンゼン: m-配向性
8.求核置換反応(ハロゲン化アルキル):SN2反応とSN1反応 8−1.SN2反応
8−2.SN2反応の反応機構(協奏的反応:一段階)
8−3.SN1反応
8−4.SN1反応の反応機構(段階的反応)
9.脱離反応(ハロゲン化アルキル):E2反応とE1反応 9−1.E2反応
9−2.E2反応の反応機構(協奏的反応:一段階)
9−3.E1反応
9−4.E1反応の反応機構(段階的反応)
10.アルコールの反応 10−1.強酸によるプロトン化
10−2.脱水反応
10−3.ハロゲン化水素との反応
10−3.反応機構
10−4.アリルアルコールの反応
10−4.反応機構
10−5.補足:アリル転位
10−6.補足:Saytzeff 則(Zaitsev 則)
11.エーテルの合成とエーテルに関する反応 11−1.エーテルの合成法-1 11−2.エーテルの合成法-2: Williamson のエーテル合成法
11−3.エーテルの開裂反応:酸との反応
11−3.(つづき)エーテルの開裂反応−1
11−3.(つづき)エーテルの開裂反応−2
11−4.補足: メチルエーテルの脱保護
11−5.エポキシドとGrignard 試薬との反応
12.カルボニル基への求核付加反応(アルデヒド・ケトン) 12−1.分極によるカルボニル基の性質
12−2.カルボニル基への求核付加反応
12−3.アルコールの付加:ヘミアセタールとアセタールの形成
12−3.(つづき)反応機構
12−4.第一級アミンの付加: イミンの形成
12−4.反応機構
12−5.Grignard 試薬の付加
12−6.補足: 二酸化炭素とGrignard 試薬の反応
12−7.アセチリドの付加
12−8.シアン化水素の付加
12−9.アルデヒド・ケトンの還元
13.エステルに関する反応 13−1.Fischer のエステル化(エステルの合成法①)
13−1.反応機構
13−2.ジアゾメタンによるメチルエステルの合成(エステルの合成法②)
13−3.エステルの加水分解
13−4.補足: tert-ブチルエステルの酸加水分解
13−5.エステルと Grignard 試薬の反応
13−6.エステルの還元
13−7.エステルの加アルコール分解 13−8.エステルの加アンモニア分解
14.エノール・エノラートアニオンの関与する反応(アルデヒド・ケトン) 14−1.ケトーエノール平衡
14−2.α水素はなぜ酸性度が高い?
14−3.エノール化(a)塩基触媒の場合(b)酸触媒の場合
14−4.アルドール反応
14−4.(つづき)塩基性条件下における反応機構
14−5.アルドール縮合
14−6.E1cB 反応とは?
15.エノラートアニオンの関与する反応(エステル) 15−1.Claisen縮合
15−1.(つづき)反応機構
15−1.(つづき)反応機構
15−1.(つづき)反応機構
15−2.Dieckmann縮合とretro-Claisen縮合
15−3.Claisen縮合に関連する合成法
15−4.アセト酢酸エステル合成
15−4.反応機構 (a) アルカリ加水分解条件の場合
15−4.反応機構 (b) 酸加水分解条件の場合
15−5.マロン酸エステル合成
16.Michael付加
16.反応機構
16.(つづき)反応機構
17.Robinson成環反応
17.反応機構 ① Michael addition
17.(つづき)反応機構 ②–1 aldol condensation
17.(つづき)反応機構 ②−2 aldol condensation



【機能・使い方】
1.アプリを立ち上げると自動的に目次が表示されます。
2.目次の各項目から動画が再生できます。
3.巻矢印が動画で表示され、その結果生じる構造式が現れます。目次に戻ることも言語の切り替えもできます。
4.画面をタップすると、好きな位置から動画を再生できるので繰り返し学習に効果的です。前後の動画に進むこともできます。



【その他注意事項】
*アプリのTwitterアカウントがあり(http://twitter.com/organic_chemist or http://twitter.com/chem_synthesis)、アプリに関する質問を受け付けることもできます。



Main Contents (Total 106 videos)
1. Types of arrows used in organic chemistry
2. Basic principles in organic chemistry
3. Resonance
4. Halogenation of alkanes (Radical reaction)
5. Alkene addition reactions: Electrophilic additions
6. Alkyne addition reactions: Electrophilic addition
7. Electrophilic aromatic substitution (Orientation etc.)
8. Nucleophilic substitution (SN2 and SN1) of alkyl halides
9. Elimination reaction (E2 and E1) of alkyl halides
10. Reaction of alcohols (Dehydration etc.)
11. Ethers: Synthesis and Reactions
12. Nucleophilic addition to carbonyl group (aldehydes and ketones)
13. Esters: Synthesis and Reactions (Fischer esterification and hydrolysis etc.)
14. Enol and Enolate reactions (aldehydes and ketones: aldol reaction etc.)
15. Enolate reactions in esters (Claisen condensation etc.)
16. Michael addition (Michael reaction)
17. Robinson annulation

紹介ムービー&プレイ動画

有機化学の基本反応について、巻矢印を使った反応機構を理解し、自分で描けるようになるための学習用アプリ。それが『有機化学 基本の反応機構』です!本アプリには電子の流れを表す「巻矢印」を用いて反応機構を詳しく説明した動画が106個も含まれており、大学の1〜2年時の有機化学の基礎知識の習得に役立ちます。一度ダウンロードすれば、WiFiの環境のないところで使用できるので、スキマ時間の勉強にもピッタリのアプリです!高校の有機化学を学習した後、大学の有機化学の入門としても最適です。日本語/英語版では、日本語と英語の両方で有機化学を学習することができます!App StoreとGoogle Play Store にて絶賛発売中!
iOS: 日本語/英語版のみ https://t.co/hlCjomaHNR
Android: 日本語/英語版 https://t.co/03B5eb8PeJ 日本語版 https://t.co/PAEFeOPRxt 英語版 https://t.co/ucG1ruKt1P
◎ 全動画の内容(動画の総数 106)
1.有機化学における矢印の意味と書き方
2.有機化学反応の基礎的事項について
3.共鳴
4.アルカンのハロゲン化(ラジカル反応)
4.反応機構:連鎖反応
5.アルケンの反応:求電子付加反応 5−1.ハロゲン化水素の付加
5−1.反応機構
5−2.カルボカチオンの安定性
5−3.補足:転位反応
5−4.水の付加(水和)
5−4.反応機構
5−5.オキシ水銀化反応
5−6.水ホウ素化(ヒドロホウ素化)反応
5−6.反応機構
5−7.ハロゲン(臭素)の付加
5−8.過酸との反応: エポキシ化 5−9.四酸化オスミウムとの反応:ジヒドロキシ化
5−10.オゾンとの反応:オゾン酸化(分解)
5−11.水素の付加:接触水素化(接触還元)
6.アルキンの反応:求電子付加反応 6−1.ハロゲン化水素の付加
6−2.水の付加
6−3.ハロゲンの付加 6−4.水素の付加
6−5.補足:Birch還元
7.求電子芳香族置換反応 7−1.ニトロ化
7−1.(つづき)反応機構−1
7−1.(つづき)反応機構−2
7−2.ブロム化(クロル化)
7−2.(つづき)反応機構
7−3.スルホン化:スルホン化は可逆反応
7−3.(つづき)反応機構
7−4.Friedel-Crafts 反応 7−4.(A) Friedel-Crafts のアルキル化
7−4.(A)(つづき)反応機構
7−4.(A) 構造の違うハロゲン化アルキルから同じ生成物が得られる!?
7−4.(B) Friedel-Crafts のアシル化
7−4.(B)(つづき)反応機構−1
7−4.(B)(つづき)反応機構−2
7−5.求電子芳香族置換反応のまとめ
7−6.ベンゼン誘導体の求電子芳香族置換反応 7−6−1.反応性の違い
7−6−2.選択性の違い(配向性)
7−7.配向性の理論 7−7−1.トルエン: o,p-配向性
7−7−2.フェノール: o,p-配向性
7−7−3.ニトロベンゼン: m-配向性
8.求核置換反応(ハロゲン化アルキル):SN2反応とSN1反応 8−1.SN2反応
8−2.SN2反応の反応機構(協奏的反応:一段階)
8−3.SN1反応
8−4.SN1反応の反応機構(段階的反応)
9.脱離反応(ハロゲン化アルキル):E2反応とE1反応 9−1.E2反応
9−2.E2反応の反応機構(協奏的反応:一段階)
9−3.E1反応
9−4.E1反応の反応機構(段階的反応)
10.アルコールの反応 10−1.強酸によるプロトン化
10−2.脱水反応
10−3.ハロゲン化水素との反応
10−3.反応機構
10−4.アリルアルコールの反応
10−4.反応機構
10−5.補足:アリル転位
10−6.補足:Saytzeff 則(Zaitsev 則)
11.エーテルの合成とエーテルに関する反応 11−1.エーテルの合成法-1 11−2.エーテルの合成法-2: Williamson のエーテル合成法
11−3.エーテルの開裂反応:酸との反応
11−3.(つづき)エーテルの開裂反応−1
11−3.(つづき)エーテルの開裂反応−2
11−4.補足: メチルエーテルの脱保護
11−5.エポキシドとGrignard 試薬との反応
12.カルボニル基への求核付加反応(アルデヒド・ケトン) 12−1.分極によるカルボニル基の性質
12−2.カルボニル基への求核付加反応
12−3.アルコールの付加:ヘミアセタールとアセタールの形成
12−3.(つづき)反応機構
12−4.第一級アミンの付加: イミンの形成
12−4.反応機構
12−5.Grignard 試薬の付加
12−6.補足: 二酸化炭素とGrignard 試薬の反応
12−7.アセチリドの付加
12−8.シアン化水素の付加
12−9.アルデヒド・ケトンの還元
13.エステルに関する反応 13−1.Fischer のエステル化(エステルの合成法①)
13−1.反応機構
13−2.ジアゾメタンによるメチルエステルの合成(エステルの合成法②)
13−3.エステルの加水分解
13−4.補足: tert-ブチルエステルの酸加水分解
13−5.エステルと Grignard 試薬の反応
13−6.エステルの還元
13−7.エステルの加アルコール分解 13−8.エステルの加アンモニア分解
14.エノール・エノラートアニオンの関与する反応(アルデヒド・ケトン) 14−1.ケトーエノール平衡
14−2.α水素はなぜ酸性度が高い?
14−3.エノール化(a)塩基触媒の場合(b)酸触媒の場合
14−4.アルドール反応
14−4.(つづき)塩基性条件下における反応機構
14−5.アルドール縮合
14−6.E1cB 反応とは?
15.エノラートアニオンの関与する反応(エステル) 15−1.Claisen縮合
15−1.(つづき)反応機構
15−1.(つづき)反応機構
15−1.(つづき)反応機構
15−2.Dieckmann縮合とretro-Claisen縮合
15−3.Claisen縮合に関連する合成法
15−4.アセト酢酸エステル合成
15−4.反応機構 (a) アルカリ加水分解条件の場合
15−4.反応機構 (b) 酸加水分解条件の場合
15−5.マロン酸エステル合成
16.Michael付加
16.反応機構
16.(つづき)反応機構
17.Robinson成環反応
17.反応機構 ① Michael addition
17.(つづき)反応機構 ②–1 aldol condensation
17.(つづき)反応機構 ②−2 aldol condensation



Fischerのエステル化(アプリ『有機化学 基本の反応機構』より)

カスタマーレビュー・評価

4.4
5つ星
 
19
4つ星
 
2
3つ星
 
1
2つ星
 
0
1つ星
 
3

おすすめ口コミ

便利です!

大学で有機化学を習う方は持っていて損のないアプリだと思います。
目次も簡素に書いてあり、目的の項目をすぐに見つけられることができるため大変重宝しています。
本編がビデオ再生のため音楽を聴きながら再生することができないのですが、それを差し引いてもいいアプリだと思います。

freeedom_ - ★★★★★ 2017-01-24

唯一無二

大学で有機化学を勉強する人間は持っているに越したことはないアプリ。
シンプルでありつつ、同じ内容を英語と日本語で学習できたり気になるポイントで動画を止めたり、オリジナリティ溢れる機能満載。

ばーなー2 - ★★★★★ 2017-01-19

素晴らしい

電車の行き帰りでみて反応機構を覚えることができた。マクマリーやボルバルトの大学で使う教科書はかさばるのですがこれがあればすぐに目的の反応機構が見つけることができとても便利です。

ハスす - ★★★★★ 2018-02-13

アイコン下のアプリ名の表示が ...

アイコン下のアプリ名の表示が OrganicChe... となっており、収まっていません。例えば OrganicChem のように、略されたほうがよいと思います。

★★★★★ 2020-01-24

動画で反応機構が見れるのでとて...

動画で反応機構が見れるのでとてもわかりやすいです!
調べたい反応を検索できるようになるとより便利かと思います!

144524 - ★★★★★ 2019-12-09

わかりやすいと思います 5-3...

わかりやすいと思います
5-3環拡大の答えってどこにありますか?

★★★★★ 2020-03-03

最新ストアランキングと月間ランキング推移

有機化学 基本の反応機構 Organic ChemistryのiPhoneアプリランキングや、利用者のリアルな声や国内や海外のSNSやインターネットでの人気状況を分析しています。

有機化学 基本の反応機構 Organic Chemistryのランキング推移

基本情報

仕様・スペック

対応OS
10.0 以降
容量
87.7 M
推奨年齢
全年齢
アプリ内課金
なし
更新日
2019/07/05

リリース日
2016/11/17

集客動向・アクティブユーザー分析

オーガニック流入

 

 

 

アクティブ率

 

 

※この結果は有機化学 基本の反応機構 Organic Chemistryのユーザー解析データに基づいています。

利用者の属性・世代

アプリ解析デモグラフィックデータ(男女年代比率52%)

やばいよ、やばいよ~~

デモグラフィックデータを元にユーザー層の性別や年齢分布などを考慮して推定しています。

ネット話題指数

有機化学 基本の反応機構 Organic Chemistryの話題指数グラフ(4月8日(水))

開発会社の配信タイトル

このアプリと同一カテゴリのランキング

ジャンル

高校の化学を楽しむが好きな人に人気のアプリ

メガドラタワー ミニ
セガゲームス
amazon

新着おすすめアプリ

新着おすすめアプリ >

注目まとめ

iPhoneアプリまとめ >

ダウンロード数が多いおすすめアプリ

無料ゲームアプリランキング >