アプリオンは、世界のアプリランキングや口コミから、おすすめアプリをまとめている人気アプリ探しサイトです。

Hearing Analyzer Portrait [iPhone]

TOON,LLCが配信するiPhoneアプリ「Hearing Analyzer Portrait」の評価や口コミやランキング推移情報です。このアプリには「聴覚・聴力検査・音域チェック」「身体測定・健康チェック」「健康・医療・ダイエット」「生活・暮らし」「ヘルスケア/フィットネス」などのジャンルで分類しています。APPLIONでは「Hearing Analyzer Portrait」の他にもあなたにおすすめのアプリのレビューやみんなの評価や世界ランキングなどから探すことができます。

  • 入賞・受賞歴 月間ヘルスケア/フィットネス部門最高ランキング 174位を獲得!(3/28)
Hearing Analyzer Portraitのおすすめ画像1
Hearing Analyzer Portraitのおすすめ画像2
Hearing Analyzer Portraitのおすすめ画像3
Hearing Analyzer Portraitのおすすめ画像4
Hearing Analyzer Portraitのおすすめ画像5
Hearing Analyzer Portraitのおすすめ画像6
Hearing Analyzer Portraitのおすすめ画像7
Hearing Analyzer Portraitのおすすめ画像8
<
>

モスキート音や重低音もチェック可能!

「Hearing Analyzer Portrait」は、TOON,LLCが配信する聴覚・聴力検査・音域チェックアプリです。

聴覚・聴力検査・音域チェック 身体測定・健康チェック 健康・医療・ダイエット 生活・暮らし ヘルスケア/フィットネス

このアプリの話題とニュース

  • 新バージョン3.3が配信開始。新機能や改善アップデートがされています。(3/4)


  • 2014年10月8日(水)にiPhone版がリリース!


最新更新情報

version3.3が、2021年3月4日(木)にリリース

- 軽微な不具合を修正しました。

使い方や遊び方

「Hearing Analyzer Portrait」は、あなたのヒアリング能力を検査測定する耳の健康アプリです。



人間の耳は、20Hから20000Hzまでの聴覚範囲を持っています。 本アプリは、従来の一般聴力検査(125 - 8000Hz)に加えて、低周波およびモスキート音を含む高周波の聴力検査もおこなうことができます。



本アプリは、最大24ポイントの周波数のテストトーンを出力することができます。それぞれの周波数に対して、ボリュームスライダー操作で聴き取れる限界ポイントを見つけることで、すべての可聴周波数帯域の聴力を測ることができます。その結果はオージオグラム・ライクな見やすいグラフで表示されます。



聴力に不安がある方、オーディオマニア、音楽奏者、音に携わるすべての方々に、ご自身のヒアリング能力を日常的に確認するために活用されるのをお勧めします。



現在の聴力特性を調べて、耳の健康と理想的なサウンドのあり方を再認識してみてください。



特長
- ワイドバンド聴力検査(3バンド):
 LF:低周波(30 - 100Hz)
 BAS:基本周波数(125 - 12kHz)
 MOS:高周波(13k - 20kHz)
- テストトーン:純音の断続信号
 LF:30, 40, 50, 60, 70, 80, 90, 100 (Hz)
 BAS:125, 250, 500, 1k, 2k, 4k, 8k, 12k (Hz)
 MOS:13k, 14k, 15k,16k, 17k, 18k, 19k, 20k (Hz)
- テストチャネル:左 (L)、右 (R)
- テスト結果グラフ表示(LVL/ATH/BOTH):
ATH補正なし(LVL)、ATH (Absolute Threshold of Hearing:最小可聴値 (*1) 補正あり、同時表示(BOTH)
- テスト結果グラフと設定のリセット(Reset)
- テスト結果グラフの画像保存 (Snap):シングル帯域、タイムスタンプ付き
- テスト結果グラフの画像保存 (Snap-W):全周波数帯域、タイムスタンプ付き



*1: ATH (Absolute Threshold of Hearing: 最小可聴値)
聴覚しきい値とも呼ばれ、雑音の無い環境で聴覚が検知できる最小の純音の音圧レベルのことです。人間は20Hzから20000Hzまで聴くことができるといわれていますが、聴覚の感度は周波数によって大きく異なります。最小可聴値 (ATH) は年齢や性別により異なり、一般的には中域 (1kHz〜5kHz) で感度がよく、それより低域や高域になるにしたがって聴き取ることができる音圧レベルが大きくなります。
このATH補正をかけた測定結果グラフは、正常な聴力の場合は各周波数に対してフラットなグラフ表示になるように補正されています。なお、LFおよびMOSの周波数帯域のATHグラフは参考情報となります。



使用上の注意
・聴力テストはiPhone付属イヤホンをご使用ください。
・本アプリはトーン信号を発生しますので、ボリューム調整には特別な注意を払ってください。とくに、アプリ起動して診断開始前までに、iPhone本体のハードウェアボリュームは必ずセンター位置 (50%) に設定調整してください。
・本アプリのボリュームスライダーは上にスライドするほど、大音量になります。ご自身にとって過大な音量にならないように、慎重にゆっくり調整してください。
詳しい利用方法は当社サポートページをご覧ください。



備考
・聴力テストの結果は、イヤホン装着状態や周辺雑音によって影響を受けます。このアプリによって、ご自身の耳の健康に関して日常的に興味を持っていただくことを期待しています。耳の健康管理が必要と感じられる方は、専門医の受診をお勧めします。
・ポータブルオーディオ、カーステレオ、騒音を伴う作業現場など、高い音圧レベルのサウンドを長時間にわたって聴きつづけることは、聴力低下のリスクがあることが知られています。世界保健機関(WHO)は、2015年2月に、世界中で約11億人もの若者がスマートフォンなどパーソナルオーディオ機器で長時間かつ大音量で音楽を聴くことにより、聴力低下の恐れがあるとの見解を発表しています。



免責事項
・本アプリは医療機器ではありません。本アプリを病気の検査、診断等の医療行為に使用できません。また、計測結果が、すべての時点において正確かつ完全であるか、有用なものであるか、特定の目的に適合するものであるか等に関しては保証するものではありません。ユーザーは自己の責任において、必要性を判断し、適切な医療機関の受診等を行ってください。本アプリの利用によりユーザーに何らかの不都合、 不利益が発生し、また損害を被った場合でも当社は一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

最新ストアランキングと月間ランキング推移

Hearing Analyzer PortraitのiPhoneアプリランキングや、利用者のリアルな声や国内や海外のSNSやインターネットでの人気状況を分析しています。

Hearing Analyzer Portraitのランキング推移

基本情報

仕様・スペック

対応OS
12.5 以降
容量
853 K
推奨年齢
全年齢
アプリ内課金
なし
更新日
2021/03/04

リリース日
2014/10/08

集客動向・アクティブユーザー分析

オーガニック流入

 

 

アクティブ率

 

 

 

※この結果はHearing Analyzer Portraitのユーザー解析データに基づいています。

利用者の属性・世代

アプリ解析デモグラフィックデータ(男女年代比率52%)

・・・だが断るッ!!

デモグラフィックデータを元にユーザー層の性別や年齢分布などを考慮して推定しています。

ネット話題指数

Hearing Analyzer Portraitの話題指数グラフ(4月21日(水))

開発会社の配信タイトル

このアプリと同一カテゴリのランキング

ジャンル

聴覚・聴力検査・音域チェックが好きな人に人気のアプリ

NYLON JAPAN(ナイロン ジャパン) 2020年 5月号 [雑誌]
カエルム
amazon

TOON,LLC のアプリ

TOON,LLC の配信アプリ >

新着おすすめアプリ

新着おすすめアプリ >

注目まとめ

iPhoneアプリまとめ >