アプリオンは、世界のアプリランキングや口コミから、おすすめアプリをまとめている人気アプリ探しサイトです。

iVCS3 [iPad]

iVCS3

¥1,840  iPhone / iPad対応 WiFiダウンロード ミュージック 教育 64bit

71
Trend
  • 入賞・受賞歴 月間ミュージック部門最高ランキング 10位を獲得!(10/6)
  • 入賞・受賞歴 月間アプリ部門総合最高ランキング 114位を獲得!(10/6)
  • 入賞・受賞歴 月間総合最高ランキング 189位を獲得!(10/6)
iVCS3のおすすめ画像1
iVCS3のおすすめ画像2
iVCS3のおすすめ画像3
iVCS3のおすすめ画像4
iVCS3のおすすめ画像5
<
>

apeSoftのピアノアプリ

「iVCS3」は、apeSoftが配信するピアノアプリです。

ピアノ 作曲・DAW・シーケンサー 楽器・ピアノ・ギター 楽器・演奏 趣味・スポーツ・文化

このアプリの話題とニュース

  • APPLIONにて注目の新作アプリとして紹介しました。(2014/3/13)


  • 新バージョン3.4が配信開始。新機能や改善アップデートがされています。(9/27)


  • 2014年3月6日(木)にiPhoneとiPad両対応のユニバーサルアプリとしてリリース!


このレビュアーのおすすめコメント

元となったシンセサイザーは、マニアでは有名なんだそうですが、名前すら知りませんでした。
使い方は他のシンセとは違い、特殊で意図した音を作れるようになるまで戸惑います。
音も良い意味で枯れた音がします。
セッティング次第でぶっ飛んだ音になりますので、楽曲のスパイス的な役割を果たすことでしょう。これにしかない音があります。
連携性も高く、DAWで使えます。
元となったシンセサイザーは、マ... - ★★★★☆
こいつやばい奴だなっていう感じのシンセ。まさかのアプリ化。絶対に使い道があるし、シンセアプリとして素晴らしい。拡張性も良い。ただし、特徴があるゆえに万能とはいえない。しかし万能のシンセにはできないことがこれでできるし、ここぞと使えたときは名曲ができそうな、そういうシンセだと感じています。当然評価されるべき。
音を作ってるだけで楽しいので、それ自体が目的ということにすることもできます
こいつやばい奴だなっていう感じ... - ★★★★★
使い道で悩むシンセです。ステップシーケンサーとリサンプリングでこれだけで作りたくなってしまいます。購入しての最初は、まず回転させてシーケンサーを止めて、もしサンプラーも鳴っていたらそれも止めて、アナログシンセに集中。パラメータの考え方が、現在と違う部分を、理解して、それから縦が出力、横が入力のマトリックスボードに必要に応じてピンをさす。シンプルなシンセですが、音は魅力的です。
操作は簡単だけど - ★★★★★

最新更新情報

version3.4が、2020年9月27日(日)にリリース

iVCS3 3.4
- iOS 14 ready
- Host mixDown/freeze works for toggles
- Audiobus/IAA, improved MIDI Receive
- Updated Audiobus SDK
- Updated AudioCopy SDK
- Updated ABLink SDK

使い方や遊び方

iVCS3
Official EMS VCS3 emulator



The VCS3 was created in 1969 by Peter Zinovieff's EMS company. The electronics were largely designed by David Cockerell and the machine's distinctive visual appearance was the work of electronic composer Tristram Cary. The VCS3 was more or less the first portable commercially available synthesizer—portable in the sense that the VCS 3 was housed entirely in a small, wooden case.
The VCS3 was quite popular among progressive rock bands and was used on recordings by The Alan Parsons Project, Jean Michel Jarre, Hawkwind, Brian Eno (with Roxy Music), King Crimson, The Who, Gong, and Pink Floyd, among many others. Well-known examples of its use are on The Who track "Won't Get Fooled Again" (as an external sound processor, in this case with Pete Townshend running the signal of a Lowrey Organ through the VCS3's filter and low frequency oscillators) on Who's Next. Pink Floyd's "On the Run" (from The Dark Side of the Moon) made use of its oscillators, filter and noise generator, as well as the sequencer. Their song Welcome to the Machine also used the VCS3. The bassy throb at the beginning of the recording formed the foundation of the song, with the other parts being recorded in response. The VCS3 was also a staple at the BBC’s Radiophonic Workshop, and was a regular (and most frightening) sound generator for the Dr Who TV series. Many fo the monsters and atmoshere;s created for the show came directly from the VCS3.



Description



The VCS3 has three oscillators (in reality, the first 2 oscillators are normal oscillators and the 3rd an LFO or Low Frequency Oscillator), a noise generator, two input amplifiers, a ring modulator, a 18dB/octave (pre-1974) or 24dB/octave (after 1974) voltage controlled low pass filter (VCF), a trapezoid envelope generator, joy-stick controller, voltage controlled spring reverb unit and 2 stereo output amplifiers. Unlike most modular synthesizer systems which use cables to link components together, the VCS3 uses a distinctive patch board matrix into which pins are inserted in order to connect its components together.
Keyboards controller



DK1 keyboard controller



Although the VCS3 is often used for generating sound effects due to lack of built-in keyboard, there were external keyboard controllers for melodic play. The DK1 in 1969 was an early velocity sensitive monophonic keyboard for VCS3 with an extra VCO and VCA. Later it was extended for duophonic play, as DK2, in 1972. Also in 1972, Synthi AKS was released, and its digital sequencer with a touch-sensitive flat keyboard, KS sequencer, and its mechanical keyboard version, DKS, were also released.



(See: en.wikipedia.org/wiki/VCS3)

カスタマーレビュー・評価

4.5
5つ星
 
31
4つ星
 
3
3つ星
 
1
2つ星
 
1
1つ星
 
1

おすすめ口コミ

欲しかったヴィンテージシンセのあの音が!!!

欲しかったヴィンテージシンセEMSのスペイシーな音が完全に再現されてます
実機を手に入れるのはもはや困難、ebayでの落札も百万円越えでもはや実機を入手を諦めてました

このアプリはその欲求を満たしてくれます
しかも実機では難しかったmidiでコントロールもできます

プログレッシブな音、SF的な音がいい感じです

須賀 直樹 - ★★★★★ 2014-03-16

生半可では使いこなせませんが、...

生半可では使いこなせませんが、それなりに音楽制作に使えます。

chappy350zg - ★★★★★ 2019-04-04

One of the greatest and complex synths!

Go down the rabbit hole! Amazing.

DesigningAudioAddict - ★★★★★ 2015-06-25

最新ストアランキングと月間ランキング推移

iVCS3のiPadアプリランキングや、利用者のリアルな声や国内や海外のSNSやインターネットでの人気状況を分析しています。

iVCS3のランキング推移

基本情報

仕様・スペック

対応OS
11.0 以降
容量
111 M
推奨年齢
全年齢
アプリ内課金
あり
更新日
2020/09/27

リリース日
2014/03/06

集客動向・アクティブユーザー分析

オーガニック流入

 

 

 

アクティブ率

 

 

 

※この結果はiVCS3のユーザー解析データに基づいています。

アプリ内課金の売れ筋ランキング

  • 1位: Red Sky Lullaby - 180 Presets (無料)

  • 2位: RUMBLE (無料)

  • 3位: Singe Difficile by RUST(i)K (無料)

  • 4位: OLD GRIT - COLLECTION (無料)

  • 5位: JEC 2018 Iconic PinkFloyd (無料)

  • 6位: Essential EMS Modifications (490円)

  • 7位: JEC EMS-50 (無料)

  • 8位: LALA - Sonic Pleasures (490円)

  • 9位: SINAPSYA - Under The Dust (370円)

  • 10位: JEC Mega Bank (610円)

利用者の属性・世代

アプリ解析デモグラフィックデータ(男女年代比率52%)

ででんでんででん、ででんでんででん

デモグラフィックデータを元にユーザー層の性別や年齢分布などを考慮して推定しています。

ネット話題指数

iVCS3の話題指数グラフ(10月24日(土))

開発会社の配信タイトル

このアプリと同一カテゴリのランキング

ジャンル

ピアノが好きな人に人気のアプリ

作曲・DAW・シーケンサーが好きな人に人気のアプリ

仁王2
コーエーテクモゲームス
amazon

apeSoft のアプリ

apeSoft の配信アプリ >

新着おすすめアプリ

新着おすすめアプリ >

注目まとめ

iPadアプリまとめ >