アプリオンは、世界のアプリランキングや口コミから、おすすめアプリをまとめている人気アプリ探しサイトです。

3D動画カメラ [iPad]

3D動画カメラのおすすめ画像1
3D動画カメラのおすすめ画像2
3D動画カメラのおすすめ画像3
3D動画カメラのおすすめ画像4
3D動画カメラのおすすめ画像5
<
>

2D動画を3D動画へ自動変換

「3D動画カメラ」は、Masanori Katsutaが配信するカメラ・写真アプリです。

写真/ビデオ エンターテインメント

このアプリの話題とニュース

  • 大人の男性スマホユーザーに人気が出てきています。


  • 新バージョン1.0.5が配信開始。新機能や改善アップデートがされています。(4/12)


  • 2019年12月4日(水)にiPhoneとiPad両対応のユニバーサルアプリとしてリリース!


最新更新情報

version1.0.5が、2020年4月12日(日)にリリース

軽微なバグを修正しました。

使い方や遊び方

スマホやタブレットに撮りためた「2D動画」を「3D動画」に自動変換できます。
2D動画では決して味わうことができない、3D動画ならではの圧巻の大迫力、臨場感を心ゆくまでお楽しみいただけます。
アナグリフにも対応しているため、赤青メガネを使って誰でも3D動画を楽しめます。
スマホに保存してある動画はもちろん、カメラでの動画撮影にも対応しています。
テレビ番組や映画のシーンをスマホで撮影して3Dにするなど、楽しみは無限に広がることでしょう。
例えば、映画スターウォーズの空中戦や、ドローンで空撮したようなYouTube動画はまさに感動ものです。(著作物のダウンロードや公開には十分にご注意ください。)



【アナグリフについて】
・斜視が強い方は、赤青メガネを使ってアナグリフモードでご覧ください。
・赤青メガネは、百円ショップなどで売っているセロファンで簡単に自作できますし、ネット通販でも安価で購入できます。
・裸眼立体視ができる方は、アナグリフモードをオフにして立体視も楽しめます。



【3Dに向いていない動画】
・見た目にほとんど動きの無いような動画の場合には、立体感を得ることはできません。
・例えば、三脚でカメラを固定して動きの少ないものを撮影した動画は不向きです。



【裸眼立体視について】
肉眼で左目用の画像と右目用の画像をそれぞれ見ることで、平面画像を立体的に感じながら見る方法です。
裸眼立体視には、平行法(左側の画像を左目で、右側の画像を右目で見る)と交差法(左側の画像を、右目で、右側の画像を左目で見る)があります。
平行法や交際法の練習方法は、Web検索すれば簡単に調べられます。
立体視を行うと、両眼で焦点を合わせるスキルが向上し、視力回復に役立つとも言われております。
目の筋肉や視野の調整運動を促進し、それにより脳も活性化すると考えられています。



【元動画】
・カメラ撮影
・カメラロール:動画の読み込み



【設定】
・アナグリフモード:オン/オフ
・立体視画像レイアウト:[1][2] / [2][1]
※どちらか見やすい方を選択してください。
・3D深度:スライダーコントロールで調整
※3D深度が大きすぎると、左右の画像のズレが大きくなります。
※逆に3D深度が小さすぎると、立体感が乏しくなります。
・保存解像度:元解像度の20〜100%



【出力】
・カメラロールへ保存:動画、写真
・動画と写真の共有:AirDrop, LINE, Facebook, Dropbox, Instagram,...

最新ストアランキングと月間ランキング推移

3D動画カメラのiPadアプリランキングや、利用者のリアルな声や国内や海外のSNSやインターネットでの人気状況を分析しています。

3D動画カメラのランキング推移

基本情報

仕様・スペック

対応OS
8.0 以降
容量
7.0 M
推奨年齢
全年齢
アプリ内課金
なし
更新日
2020/04/12

リリース日
2019/12/04

集客動向・アクティブユーザー分析

オーガニック流入

 

アクティブ率

 

※この結果は3D動画カメラのユーザー解析データに基づいています。

利用者の属性・世代

アプリ解析デモグラフィックデータ(男女年代比率66%)

あるあるあるある!

デモグラフィックデータを元にユーザー層の性別や年齢分布などを考慮して推定しています。

ネット話題指数

3D動画カメラの話題指数グラフ(10月1日(木))

開発会社の配信タイトル

このアプリと同一カテゴリのランキング

Nintendo Switch Lite コーラル
任天堂
amazon

Masanori Katsuta のアプリ

Masanori Katsuta の配信アプリ >

新着おすすめアプリ

新着おすすめアプリ >

注目まとめ

iPadアプリまとめ >